トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。しかも、全国対応で利用は無料。「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。







    大きな中古車買取店のほとんどが、さまざまなキャンペーンを常に展開しています。

    景品などの恩恵は中古車売買時に受け取ることができますが、その中には無料査定だけで受け取れるキャンペーンも存在します。

    詳細は、ある決まったホームページから無料の中古車査定を実施するとネットで使えるポイントが受け取れる等のシステムです。

    無料査定だけを実施して買取自体は行わなくても構わないので、査定だけでポイントがもらえるキャンペーンを見付けたら申し込んでみると良いですね。

    現実的に中古車買取店巡りをしなくても、同時に複数の会社の査定金額を比較検討出来るのが中古車一括査定サイトの良いところです。

    スピーディーに査定できるので、時間が一気に節約可能です。

    でも、見積もりの依頼を一度に多くの店舗に依頼しているので、仕方ないと言えばそれまでですが、多くの業者から次々電話連絡が来ることになるでしょう。

    業者からの電話にほとほと嫌気が差したり、何度も何度も電話をかけてくる業者が存在する欠点があることを覚悟しておくと良いかもしれません。

    Web上で中古車の一括査定を利用したいと考えているが、名前などの個人情報の記載をなるべく控えたいという時には無記名で査定できるサイトを利用するという方法があるのでこれを活用しましょう。

    でも、名前を明かさずに利用可能なのは無料査定までの話です。

    実査定の時や、売るときには、個人情報を隠して取り引きすることはできません。

    中古車買取業者は「古物営業法」に基づいて、取り引きをした相手の名前や住所などの情報を記録に残しておく義務が発生するので仕方のないことです。

    車体のキズやへこみ、塗装の擦れなどは中古車買取業者の査定士によって確認される部分です。

    あからさまに分かるキズはマイナス点となり見積額に響いてきますが、舗装の巻き上げ等でつく小傷などはチェックはされるものの、査定額への影響はほとんどないようです。

    また、事前に修理したほうが良いのではと思う方も多いようですが、修理代のほうが査定額のプラス分を上回り、トクをするケースはまずないと考えて良いでしょう。

    修理費には業者価格と個人価格があり、個人では高くついてしまうからです。

    返済が終わっていない状態で車を売却する場合、まずは売却前に完済を求められるでしょう。

    なぜなら返済中の車はローン会社のものであり、所有者としても普通はローン会社が登録されているからです。

    業者に売る前にローンの残りを完済できるのなら構いませんが、もし不可能なら売却額をもって自動車ローンの残額の支払いに充当するという方法をとれば大丈夫です。

    しかしこれにはローン会社の許可が不可欠で、いくつかの手続きを踏まなければいけません。

    乗用車は普通、初度登録の年月をベースに古さを表す意味で、何年落ちといった言い方をします。

    勘違いされている方も多いのですが、製造年は関係なくあくまでも初度登録年から数えますから、要注意です。

    状態が同じであれば年式の古い車のほうが査定額は低くなり、仮に10年物ならば過走行車ということで非常に低い価格になるのが普通です。

    販売する方にとっては安すぎて利益が出ない商品ですが、いざ購入する立場で見てみると、状態の良い10年落ちの車と出会うことができれば、相当安く買えるということです。

    所有者が自分名義でない車でも要件さえ整えば売却できます。

    まず売買契約に必要な書類のほかに、車検証に記載されている所有者の印鑑証明と、実印を押印した委任状、そしてこれも実印の押印がある譲渡証明書の三点を提出しなければなりません。

    しかし所有者が既に亡くなっている際は、これらの書類を書いてもらうことは出来ません。

    このときは、所有者の移転登録手続きをして名義を変えてから売却します。

    普通の売却と違って必要な書類も多いですし、売るのは簡単なことではありません。

    車の売却をするうえで、車検の有効期間が丸々残っているような場合には、査定金額に上乗せされることが多いでしょう。

    しかしながら有効期間が1年以下になってくると評価も下がっていき、残りの有効期間が半年を切るようになってしまうと見積金額アップは望めなくなります。

    でも、査定金額の上乗せを期待して売却前に車検を通すことは無意味といって良いでしょう。

    二年近く車検の有効期間が残っていたとしても、車検にかかる総費用分以上に査定金額の上乗せはないからです。

    最近販売されている車は最初からカーナビゲーションシステムが標準装備されているものが大部分です。

    このため、単純にカーナビシステムが装備されているだけでは査定額アップがそれ程期待できなくなったのです。

    一般的なものではなくて、後付けで高価なカーナビシステムを取り付けたような場合に限って見積額が高くなるかも知れません。

    すぐに取り外せるタイプのカーナビならば、買取店に持ち込む前に取り外ししてしまってオークションなどで個人で売っても良いかも知れませんね。