トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。しかも、全国対応で利用は無料。「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。







    インターネットを介して中古車の無料一括査定サイトを使うときにデメリットになることは、一括査定サイトに登録されている会社から電話攻撃が一斉に始まることがあります。

    自分からサイトを利用してアプローチしたわけですから、ある程度の電話攻勢は致し方ないのですが、とてもしつこく電話が掛かってくる際には、自分の車を実際に売ろうとしていなくてももうすでに売却してしまったのだと言うことが比較的簡単に電話攻撃を終了させる手段だと言えます。

    自分で実際に店舗に足を運ばなくても、オンラインで中古車査定ができてしまうホームページがたくさん存在しています。

    もちろん、大まかな金額でなくて、詳細な査定金額は査定担当者が実際に中古車を見てみないと一台ずつの詳細な算定は不可能ですが、たくさんの買取業者の見積もりを同時に瞬時に知ることが可能ですから、その時点での相場価格の概算を把握できるのでとても便利です。

    もっというと、極端に相場とズレた値段を提示してくる業者を現実的な売却店の候補から外すことができるので便利ですね。

    ネットで簡単に見つかる中古車一括査定のページを使用すれば、売っても良いと考えている車の相場の概算がしれるので大変有用です。

    スマホやタブレットなどから簡単に申し込みできますから、バスでの移動時間など少しのスキマ時間でも充分に利用できます。

    但し、気を付けなければいけないのは、査定見積もりを行った複数の業者から一気に電話攻勢が始まりますから、嫌な場合には連絡手段にメールを選べるところを活用すれば良いのです。

    車に乗る人にとっては常識かもしれませんが、車の走行距離は一年に1万キロ前後と想定されています。

    総走行距離数が5万キロを超えたところで走行距離が長い多走行車と言われるようになり、査定時にもその程度ごとに減点対象となり、過走行車といって走行距離が10万キロ以上の車は値段がつかないこともあります。

    その一方で、走行距離が短い車というのも問題です。

    車の年式に比べ走行距離数が短すぎるときは、却ってパーツが劣化して故障寸前になっていることが多く、敬遠されることがあります。

    いくら売却したいと思っていても、査定のために突然、買取店舗に車で行ってしまうのは無謀にもほどがあります。

    他店での価格や市場相場に疎い状態で行くわけですから、足元を見られることもあり得ます。

    もっとも、良いところもないわけではありません。

    それは、売却にかかる時間が最短で済むということです。

    査定と買取を行う店まで現物を搬入するところまでが済んでいるわけですし、あらかじめ書類を整え、必要に応じて実印や印鑑証明も用意しておくと、その日だけで売却手続きが終了する場合もあります。

    車内の掃除が行き届いていたり、洗車済みであろうと見積額がプラスになることはありません。

    しろうとレベルでの掃除ぐらいは誰にでもできるのですから仕方がないことです。

    ただ、直接的ではないものの、良いこともあるのです。

    査定時に車がきれいだと、担当者は良い印象を持ちますし、それだけ礼儀正しく丁寧な相手には悪い取引はできません。

    点数をつけるのは担当者ですから、心がけが見積額に反映されるのは必然的かもしれません。

    売却予定の車の現物査定は、買い取りを行っている店舗に車を持ち込むか、あるいは出張査定サービスを利用するのもありです。

    自宅に業者が来ても構わないのであれば、買取業者による出張査定は買取金額アップにつながるため、売主側にとってはベターと言えます。

    訪問査定や出張査定と呼ばれる方法だと、数多くの業者による同時査定も可能ですから、同業他社と査定額を争うことになり、比較的高額での売却が可能になるからです。

    たとえ新しかったり高級車であっても事故歴があったり、多走行車を優に越える走行距離10万キロ超の過走行車などは、何社かの査定士にみてもらっても値段がつかないケースが多いようです。

    けれども対処法がなくなってしまったわけではありません。

    廃車(永久抹消登録)にして「鉄代」を解体業者から受け取る方法もありますし、そのような車を専門に扱う業者に査定を依頼する方法があります。

    専門業者ならではの方法で再利用可能なパーツごとに値つけをしてくれるため、引き取れないと言われることはまずありません。

    時間と労力、金額のどれを優先するかを考え、目的に合った方法を選ぶと良いでしょう。

    中古自動車を売ろうとする際に、車検の残り期間が沢山残った状態の場合には、査定金額に上乗せされることが多いでしょう。

    でも車検の有効期限が1年を切ってくるとあまり査定額アップに繋がらず、車検切れまで残り半年くらいになるともはやプラス査定の材料にはならなくなります。

    でも、査定金額の上乗せを期待して車検を通してから車を売却する必要はあまりないと言って良いでしょう。

    もし車検の有効期限まで2年間残っていたとしても、査定額アップの分が車検を通す費用以上に高くなる事は望めないのです。