トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。

    中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。
    そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。

    いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。







    中古車市場に限定されたことではないのですが、中古商品の査定相場は毎日アップダウンします。

    夏期にはオープンカーに乗る人が増えるので、陽気の良い季節が良いなど、どんな車の種類であるかによって、相場が高値になる季節、もしくは地域が限定されてしまうこともあるのです。

    しかしながら、どのような車の種類にも同様のことが言えるのですが、たいてい初年度の登録日からの経過日数が深くない方が高値で売却できることが多くなるのです。

    売り払うことを決めたら一日でも早く行動した方が高い査定額で売却できる可能性が高くなるのです。

    たいていの場合、中古車販売店の大手では、さまざまなキャンペーンを常に展開しています。

    キャンペーンの恩恵のほとんどは車を売却することで受けることが出来るのが普通ですが、その中には無料査定だけで受け取れるキャンペーンも存在します。

    もっと具体的に述べると、インターネット上の特定のページから査定申し込みをするとネットで使えるポイントが受け取れる等のシステムです。

    見積もりするだけでポイントをもらって、後はそのままでも構いませんので、こんなキャンペーンを行っているのを見付けることがあればぜひ査定してみるとお得ですね。

    多いか少ないかの程度も関係してきますが、車の中がヤニ臭いときには中古車売買の際にはマイナス査定の対象になります。

    タバコを吸っていたことが明らかに分かってしまう車は、中古車を禁煙車として買おうと思っている方には確実に売れないからです。

    車の中に残っているタバコの臭いの原因は、車中のどこかに付いているヤニ汚れです。

    中古車買取店に持って行く前に車の中を入念に清掃すれば、煙草の臭いはかなり少なくなるに違いありません。

    マイカーを処分する際に真っ先に思い浮かぶのは、中古車買取店への売却かディーラー下取りの二つでしょう。

    手間はかかるものの売却ではたくさんの買取業者から査定してもらい競争を促し、高い買取額を狙うというのもありです。

    その対極にあるのがディーラーによる下取りですが、この場合は一社のみの独占ですので相場より安い価格になってしまうかもしれません。

    しかし車を購入するのと同時に古い車も処分できますし、代車の心配も不要です。

    一概にどちらが良いかは言えません。

    現在使用中の車を売ってしまうと新車納入の日までに間が空くことも考えられます。

    家族の車や公共交通機関などで対応できればよいのですが、車がないと困る人はかわりに代車を手配してもらわなければなりません。

    けれどもすべての中古車取扱業者が代車手配をやってくれるかというと、そうでもありません。

    あとになって慌てないよう、代車手配の有無については査定を申し込む前に一社ずつきちんと確認しておかなければなりません。

    仮に車内の清掃が完璧であったり、前もって洗車して磨き上げたところで、掃除状況は業者によるチェック対象ではないので査定額は変わらないです。

    持ち主が行う程度の清掃であれば、業者だってできてしまうわけですから、当然です。

    しかし掃除が無意味だと言う人は少ないです。

    掃除の行き届いた状態で査定に出せば、車が好きで丁寧に乗っていたと思うのが普通です。

    車の値付けや取引をしているのは人間ですから、第一印象が取引にプラスの効果を与えることは充分考えられます。

    今まで乗っていた車を買取専門店に出して、すぐにその場でお金を受け取りたいという人は、売ったお金を即金で受け渡し可能なところをあたると良いでしょう。

    業者によっては大々的に「即金対応できます」と宣伝していないところもありますが、売却金を即金でもらいたいと相談すれば実現する場合もあるでしょう。

    でも即金で対応してもらうと言うことは、査定額が少々低めに提示されても致し方ないかもしれませんね。

    現金をすぐに持ち帰りたいのかちょっとでも良いから高額で査定してもらいたいのか、自分の意見に近いのはどちらなのかハッキリさせて、後者が上回るのであればすぐにお金を手にすることばかり固執するのはマイナスと言えるでしょう。

    自賠責保険という言葉を知っている人は多いでしょう。

    これは自動車を持っている人なら加入が義務づけられているのですが、一定の条件が整えば車を手放す際にお金が戻ってくることがあります。

    一定の条件というのは、自賠責保険の残り有効期限が一ヶ月以上あって、廃車にすることを決めた場合です。

    売りに出すときには還付の対象から外れます。

    更に、保険金の還付があったとしても自動で口座に振り込まれたりするわけではないのです。

    保険会社に対し自らが手続きを行ってはじめて保険金が戻ってきます。

    車を手放す際に、車検の残り期間がほぼそのまま残った状態では、プラスの評価をされることがほとんどです。

    でも、車検の有効期間が一年を切ってくると価値もドンドン下がっていって、車検切れまで残り半年くらいになると見積金額アップは望めなくなります。

    でも、査定金額の上乗せを期待して自動車を売る前に車検をすることは無意味といって良いでしょう。

    2年間近く車検の有効期限が残っているような車でも、車検を通すためにかかった費用分を見積金額のアップで取り戻すことは困難なのです。