トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。

    中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。
    そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。

    いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。







    事故車などの修理の履歴は、もし嘘をついて中古車買取の査定に出したとしても査定スタッフには嘘だと直ぐにバレます。

    軽い損傷程度で済んでいて、完璧に修理されているならば修理車と見なされない場合もあったりしますので、素直に話すことも重要でしょう。

    修理歴があだとなって、万が一多くの買取会社で「買取金額は0円です」と査定されてしまったときには、故障車や事故車を主に扱っている専門業者に見積もってもらうと良いでしょう。

    ボディにキズやへこみがある場合には査定額が下がるのが普通です。

    しかし、マイナス査定を避けようと前もって個人でキズなどを修復することは止めた方が良いでしょう。

    査定前に個人で修理しても、修理に要した費用以上に見積金額が高くなるケースはまれだからです。

    買取希望の車を自分で直すより、中古車買取成立後に、買取業者の方で提携先の修理会社に依頼した方が費用を低く抑えることができるからです。

    一社や二社ではなくて複数の中古車買取店舗に見積もりを依頼してから売却先の業者を決定するのが、より高値で中古車を売却するコツと言えるでしょう。

    多数の買取会社のスタッフに同時に見積もりを依頼して、みなが査定額を競争せざるを得ない状況を作り出すのも自分にとってかなり有利にはたらきますね。

    マナー違反のように感じる人もいるかもしれませんが、これは良くあることなので、気に病む必要はありません。

    それから、実際の契約に際しては契約書の内容はしっかりと全文確認することが重要になってきます。

    なるべく高い価格で車を売却したいと思うのであれば、見積もりをとる業者はかならず複数であることが必須事項です。

    そうは言っても実際のところ、仕事が休みになるたびに買取業者にそうそう何件も足を運ぶのは難しいです。

    ネットにある中古車査定一括サイトを活用すると、時間も労力も使わないで済む点はありがたいです。

    24時間いつでも申し込みでき、1回の入力で何十社もの見積額を知ることができるため、極めて短時間で成果を得ることができます。

    ただし、あまり数多くの業者を指定するとその会社全部から競うように電話連絡が来るのは避けられませんから、気をつけてください。

    全社を指定してしまうと電話だけで大変です。

    買取業者に車を査定してもらう時は本人が立ち会う必要があるなどとする規定は聞いたことがありませんが、いなかったがために起こりうる不快なトラブルを防止すべく、できるだけ車の持ち主が訪問査定時に立ち会った方が良いでしょう。

    トラブルの例としては、車のことがわかる人がいないのに乗じてもともと何でもない部分に傷をつけたりして少しでも買取価格を安くあげようとすることもあります。

    自分の車を査定してほしくても、現物をいきなり店舗に持ち込んでしまうというのは得策ではありません。

    同業他社の査定額を比較することもなしに来店すれば、足元を見られることもあり得ます。

    あえてメリットを挙げるならば、「スピード」の一点に絞られるでしょう。

    なにせ買取査定の対象となる車を店舗に持っていくのですから、売買契約に必要な書類や印鑑が揃っていれば、トントン拍子で契約完了ということも考えられます。

    中古車を売ってしまった後になって、「瑕疵担保責任」を言い訳にして買取店舗が契約を解除したり買取金の減額などを言い渡されることがあるかも知れません。

    事故を起こした車だと言うことを隠して売りつけたのならば売却側に非があると言えるのですが、査定士が見積もり時に傷などを確認していなかったのならば自分は何も責任を取る必要はないのです。

    納得できない理由で買取額の減額や契約解除を迫ってくるときには、消費生活センターなどに行って、いざこざが起きていると相談するとむやみに悩まなくても解決できます。

    自動車を買取専門店などに出す場合、査定項目の中にはタイヤの溝の残り具合もチェックするようになっているので、減っていれば減点されてしまいます。

    しかしながら、車を手放す前に新しく購入してタイヤを付け替えてもかかった費用以上の上乗せは見込めないので、行う必要性は全くないでしょう。

    しかし、タイヤがスタッドレスの場合には、あらかじめ通常のタイヤに戻しておいた方が良いでしょう。

    スタッドレスタイヤは時期や季節によって需要の有る無しがハッキリしているために、見積額が低下する要因になってしまうからです。

    買取業者に行って自動車を売却する際には、あらかじめ故障している場所があるなら正直に申告するようにしましょう。

    そうは言っても、前もって修理することはしなくて良いです。

    どのような故障かによってマイナス査定される程度は異なりますが、あらかじめ修理することはむしろ損してしまうことの方が多いのです。

    買い取った後でお店側が修理に出すときにかかる費用と個人が修理するために出す費用では、前者の方がグッと安くて済むのです。

    ですから、実際の修理費よりも査定額に反映される金額の方が少なくなってしまうのです。