トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。

    中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。
    そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。

    いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。







    買取に出そうと考えている所有車にこれでは売却したくないと考える査定金額を業者側から提示されたときには、売るのを止めてしまっても構いません。

    中古車の見積もりを出してもらいに行ったとしても、その車を必ず売却しなければならないかというとそうではないのです。

    一番はじめの査定金額では嫌だと言うとその時点から価格を上げるための交渉が可能になるときもありますし、もっと高く査定可能な買取会社が存在する可能性も少なからずあるのです。

    嫌なら遠慮しないでノーと言っても構わないのです。

    中古車の査定価格には、車体の色もかなりの比率で関係してきます。

    ホワイトおよびブラックは定番の人気色でいつでも需要が安定しているために、査定に良い印象を与えるケースが大半でしょう。

    定番色とは逆の原色に近い赤などのボディーカラーは、中には嫌がる人もいますので、減額査定される可能性が高くなってしまいます。

    そうは言っても、車の査定金額はオークション相場のタイミングにより上下しますので、その時の流行によってある一定の色に幾らか査定金額が高く付くこともあるでしょう。

    中古車の買取査定のために業者まで出向く時間がないときなどには、多くの店舗が、出張による査定見積もりを受けることが可能です。

    自動車査定スタッフが実際の車の在る場所まで出向いて査定をしてくれて、査定額をはじき出してくれるのです。

    このような査定の方法は、同じ時刻に何社かの査定スタッフに出向いてもらうのも自由です。

    同時にたくさんのスタッフに依頼すれば時間の節約にもなるでしょうし、同じ時刻に居合わせたスタッフの間で査定金額の価格競争が起こるので最終的にその車の査定金額が高く提示される可能性が出てくるのです。

    買取業者に車の査定を出すのは気軽なもので、費用は一切かかりません。

    しかし車を買うついでに同じディーラーで下取りしてもらうと、明細書に「査定費用」の項目があって驚いたという人も少なくありません。

    査定手数料は現金で支払うことはなく下取額から引くのが普通ですが、同じ「中古車」なので買い取りだろうと下取りだろうと似たようなものだと思っていると本来確認すべきことが疎かになってしまうため、契約書にサインする前に査定手数料は必要なのかをはっきり聞いておくべきです。

    査定手数料をとる場合でもそこはディーラーにとっては不利ですから、交渉の余地ありということになります。

    年式を問わず車体の外装のキズ、へこみ、塗装剥がれ(浮き)は、買取のための査定を行う時点でくまなくチェックされるものです。

    減点対象となるのは誰が見てもわかるような外観の瑕疵であり、乗っていれば普通につく薄い傷程度ならチェックはされるものの、査定額への影響はほとんどないようです。

    それから、傷を気にしてリペアに出すべきか悩む人は少なくありませんが、修理代を上回るほどの査定額アップはほとんどないというのが実情です。

    修理費には業者価格と個人価格があり、個人では高くついてしまうからです。

    ローン完済前の車を売るときは、残りを全部払い終えてからでなければ売ることは不可能です。

    つまり、完済前の車の所有権はローンを払っている人間ではなくローン会社にあり、所有者としても普通はローン会社が登録されているからです。

    業者に売る前にローンの残りを完済できるのなら構いませんが、不可能であれば無理をせず、買取額を使って残債を清算するという方法もあります。

    ローン会社の承諾を得れば可能という条件つきですが、その場合は手続きも必要ですから普通の売却よりは時間がかかります。

    いっぺんに多くの中古車買取業者に予約を入れて、皆一様に車の査定をお願いする事を相見積もりと呼んでいます。

    「相見積もり」を依頼する長所と言えば、皆に価格競争をしてもらって査定額を引き上げることです。

    買取業者の中には相見積もりをしたがらないところもありますが、嫌がらずに引き受けてくれる買取会社は購入意欲が高い会社が多いようで、査定額が業者間でつり上がることを期待しても良いでしょう。

    ちょっとでも中古車の査定額をアップするために抜群に効果的な方法なのです。

    自分の持っている自動車を売りに出す前にキレイに洗っておくことは、直接的ではありませんが幾らかでも高額に見積もってもらいたいと考える全ての人に実行してもらいたいことです。

    現実的にはピカピカに洗車してあってもそうでなくても、査定基準的にはあまり影響を及ぼさないのです。

    査定額に直接影響はなくても、丁寧に車を扱う人だと言うことを買取店舗に対してアピールするポイントになるのです。

    手荒に乗っている所有車よりも好感度アップさせることができるので、最終的に査定額が高く付くことになるでしょう。

    自分が持っている車を見積もり査定に出すときには、傷などが大きく目立つと見積もり時に減額対象となってしまうでしょう。

    このようなときに、自己流で修理してしまうのはあまり良い方法ではないのです。

    自動車修理の技術が優れていなければ、ちょっと見ただけではきちんと直っているように見えても専門家の目で見るとそれ程綺麗に修理されていないケースもあるのです。

    しかし、査定に出す前に修理に出すのが良いわけではありませんから気をつけてください。

    キレイに修理するためにかかった金額以上のプラス査定は期待できず、最終的には損をする結果になってしまうのが明白だからです。