トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。

    中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。
    そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。

    いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。







    買取希望の車のボディーにへこみなどがあるケースでは査定金額が低くなるのが一般的です。

    しかしながら、マイナス査定を避けるために査定前に個人修理することは止めた方が無難です。

    個人で修復したからといっても、その修理に要した経費より多く査定額が上昇する場合はあまりないからです。

    車を自分で直そうと考えるより、買い取った後に買取業者が提携の修理業者に依頼した方が修理コストがかからないからというのが、査定額がアップしない理由です。

    中古車買取の業者が出してきた査定金額に自分が納得できなかったときに、その場で売却を断っても問題にはなりません。

    さまざまな会社に査定を依頼して比較検討してなるべく高値で取り引きしてくれるお店を選択して実際の取り引きをする方が良いでしょう。

    反対に、売買契約書を締結した後からの車の売却キャンセルは難しいか、受付可能でも損害賠償金を請求されるケースがあります。

    損害賠償などの決まりに関しては契約書に書かれているはずですので、契約するときはどんな時でも全文に目を通すクセを付けた方が良いでしょう。

    過去に修理を行った形跡がある車を修理歴車と呼びます。

    この修理歴車は中古車査定においてかなり見積もりを下げてしまう要因の一つになるのです。

    かといって、査定前に修理したことがある全部の車のことが一様に修理歴車と見なされるわけではありません。

    ボディーの骨格相当部分に修理が施されていなければ、車体の傷やへこみを板金塗装したりドア交換したりしてもとくに修理歴車になるわけではないのです。

    でも、修理歴車というレッテルは貼られなくても、査定時に修理した履歴がある車は見積額を低くされてしまうことも多いに考えられます。

    車を買ったディーラーで下取りをしてもらうのであれば、新しい車が納車されるまでの間に車がないなどという事態もないので安心ですが、下取りに出す代わりに自分で買取業者を見つけて売却する時は、納車までに車がない期間が生じる可能性もあります。

    日常的に車を使う人は、あらかじめ査定を依頼する前に代車を利用する可能性があることを伝えておく必要があります。

    同じ業者でも店舗が違うと取扱いの有無は変わるので念には念を入れて確認しましょう。

    10万キロ以上走った車というのは、俗に「過走行車」と言われます。

    査定サイトなどを使って売ろうとしてもタダ同然になることが多いです。

    見えない故障などのリスクを懸念して値付けができないのは、事故車も過走行車も共通しています。

    そのような場合は一般的な中古車買取り業者は避け、多(過)走行車や事故車を専門に扱う会社に最初から依頼した方が良いです。

    あるいは次の車に乗換える際にディーラーに下取りに出すと、「今後のお客様」相手ですから、それなりの価格を提示してくれるでしょう。

    中古車売却一括査定サイトは、たった一度の入力で複数の会社から見積もりをとることができるので、一度使えばその便利さを実感しますが、ひとつだけ面倒な点というと、アポとりの電話がひきもきらずかかってくるのは避けられません。

    登録したのが仕事でも使っている携帯番号などだと業務に影響を及ぼしかねないため、気をつけましょう。

    あまりマナーを守らない非常識な業者にあたった場合は、一番最初に来た業者と契約済みだとか、嘘でもいいから売ってしまったことを伝えると諦めてもらえます。

    品物がないのですから当然です。

    中古自動車を売るときなどは、きちんと心構えをしていたとしても、事前に予測できないいざこざに遭遇してしまうケースがあるのです。

    車売却の際にたまにあるケースとして、既に契約が成立してから、問題が見つかったからと言われて買取額を下げるケースがあるので注意した方が良いでしょう。

    このような場合に、もし自分側が事故や故障などの履歴を隠していたケースならば悪いのは売り手側です。

    しかし、自分が何も悪くないときには、契約以前に査定で見落としした側が責任を取ることでしょうから、売り手側に責任がないのですから承服しなくても良いのです。

    自動車を所有しているということは、たくさん乗っていても乗らなくても維持費用がかかってきます。

    車検費用は2年に一度、毎年の自動車税、任意で加入する自動車保険料も馬鹿になりません。

    ましてや、駐車スペースがなければ、駐車場の料金もかかってくるのです。

    自動車を売ってしまおうかと考えている人は、多額の維持費を支払ってでも車を所有する必要性があるのかどうかじっくり検討してみると、売却した方が結局は得かどうかがハッキリしやすいでしょう。

    中古車買取店に車を査定してもらいたい場合は、買取対象である車を業者のところへ持っていくか、査定士に自宅まで出張してもらうという手もあります。

    周囲には車の査定が来ていることが一目瞭然ですが、それさえ我慢できれば高額査定になりやすいという点で出張査定はおすすめです。

    訪問査定や出張査定と呼ばれる方法だと、数多くの業者による同時査定も可能ですから、各社とも最大限の見積額を出してきますし、そのおかげで査定額全体がアップするのです。