トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。

    中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。
    そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。

    いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。







    普通にしていても勝手にできてしまう軽い傷や細かなへこみは、マイナス査定にならないケースがほとんどですから、あまり気にすることはありません。

    それとは逆に、触ったときに引っ掛かる程度の傷や目でハッキリ分かるへこみがある場合、さらには塗装がはがれていたりすれば査定はマイナスになるでしょうが、減額されるのが嫌だからと言って自分で直してもその修繕費用よりも査定金額が上回ることはないでしょう。

    車を買い取ってもらう際に起きる恐れのあるトラブルは何個かあるでしょうが、中にはとても酷いケースもあります。

    見積金額を提示したので車を手放すと、その後になって、ふたたび確認したら問題になる箇所が出たなどといわれて実際の買取金額をグッと低下させられる場合も少なからずあります。

    売却金額を下げられるより酷いケースでは、手元から車だけなくなって、料金が入らない場合だって存在するのです。

    詐欺まがいのケースに遭遇したときには、直ぐに最寄りの消費者生活センターなどに相談に行くのが得策です。

    中古車売買に際して、1年1ヶ月以上車検が残ったままだと、担当する買取業者にもよるのですが、概算で数万円ほどの査定金額のアップになることが予想されます。

    でも、車検の残り期日が1年以下のケースでは車検までの期間に応じて査定金額が変動したりすることはありません。

    残りの車検が長い方が査定に良い影響を及ぼすといっても、売却する前に車検を通したとしても事前に車検をするのにかかったコスト以上の金額が見積価格に上乗せされて得をすることはないので、売却前に車検を通してから査定してもらうのは意味が無いといえるのです。

    消費生活センターには例年、何千件もの中古車関連の金銭的なトラブル、取引上の不信感といった相談が相次いでいます。

    近年はとくに売却(買取)絡みの電話が右肩上がりに増えています。

    内容的に多いのは、ネットの一括見積りサイトを通じて査定依頼したら、夜間や仕事中にも電話がくる、勝手に査定に来ていて驚いた、違法ではないのかといった相談です。

    悪質な業者に当たったときなどは、消費問題に詳しいプロなどに話してみると安心ですし、より良い解決策が見つかるはずです。

    完済前でローンが残っている車を売るなら、残債を払ってしまわないと売却できません。

    というのは、返済中はローン会社が車の所有権を持っているため、ローン会社の名義で登録されていることが多いのです。

    売る際に残りの債務を完済できるのなら構いませんが、できないのであれば例えば買取額から自動車ローンの残額の支払いに充当するという方法をとれば大丈夫です。

    もっともそれはローン会社が認めた場合だけであって、もし可能でも手続きも必要ですから普通の売却よりは時間がかかります。

    車を売るならまず下準備を整えておくと、いざ査定というときにバタバタすることもなく、より良い値段をつけてもらえることも多いです。

    丁寧に使ってきたことをアピールするためにも掃除は欠かせません。

    それと、いわゆる改造車(パーツ交換した車)であれば、純正パーツを保管してあるのなら本来の姿に戻しておくべきです。

    ほとんどの業者の査定では純正パーツの車はプラスがつく可能性が高いのです。

    また、スピーディーな売却を求めるのでしたら、売却先を決める前に契約時に要求される書類を用意しておくと手続きがスムースです。

    車の売却を勧める買取業者からの電話攻勢が激しくてストレスがたまって仕方ないこともあるでしょうが、何店かの買取業者から見積もりを取るのは幾らかでも高く自動車を売りたいと考えているならやった方が良いでしょう。

    査定額の相場がわからないとそもそも価格交渉もできませんし、複数の買取店から同時に査定してもらえば簡単に相場を知ることができるのです。

    「即決すれば高く買い取りできます」などの営業トークに半分騙されて即決してしまうのはいささか早急です。

    早急に物事を進めないことが、なるべく高く車を手放すことができる最良の方法なのです。

    思いつく限りの業者を当たってみても引き取ってもらえなかった場合、廃車、事故車などの専門業者を当たってみるのも良いでしょう。

    どこの査定士からもサジを投げられた車でも、専門業者なら使えるパーツ単位で査定していくため、値段もつきますし、引き取れないと言われることもありません。

    それにもし廃車にするとしても、自分で骨折りをするのに比べたらプロに任せるほうがラクですし、なにより早いです。

    こうした専門業者の売りは、多忙な所有者に代わって廃車手続きをしてくれることですし、その上、手数料や処分費なしに車を引き取ってくれる点でしょう。

    自分ではきちんと注意していたとしても、事前に予測できないいざこざに遭遇してしまうケースがあるのです。

    愛車の売却時に散見される事案として、もうすでに契約が終わっているのに「問題が新たに見つかった」などといわれて買取額を減額する場合があるので気を付けなければいけません。

    後から問題点に気付いたと言われた場合、事故歴の隠蔽などがあったのならば悪いのは売り手側です。

    でも、隠し事をしていたりしないのであれば、見積もりを出すときにきちんと確認しなかった方が悪いのですから、自分に落ち度がない以上認めなくても構わないのです。