トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。

    中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。
    そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。

    いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。







    中古車を査定してもらう時には、車体の色も大きく関係してきます。

    定番カラーである白や黒は安定した人気があるので、プラスの査定になることが多いでしょう。

    逆にビビットカラーの赤や黄色などは中には嫌がる人もいますので、定番カラーよりも見積額をダウンさせられてしまう場合もあります。

    しかしながら、中古車の査定価格は査定時点でのオークションの相場によりけりなので、流行次第である特定の車体色にプラスの見積もりがなされる可能性があるのです。

    インターネットを通じて中古車一括査定を実施したいが、個人情報はなるべく公開したくないというときには無記名で査定できるサイトを利用するという方法があるのでこれを活用しましょう。

    ただ、名前を記載せずに利用できるのは無料査定までの話です。

    実査定の時や、売るときには、個人情報を隠して取り引きすることはできません。

    買取業者は「古物営業法」にしたがって、買取をした相手の住所や名前などの個人情報をきちんと記載しなければならない義務があるから致し方ないのです。

    中古車を高値で売りたいならば、一軒だけの見積もりで納得してしまわずにたくさんの買取業者から査定金額を提示してもらうことです。

    ほかの業者が提示した査定額を見せることで査定額が変わることも往々にしてあるのです。

    沢山の店舗にいっぺんに見積もりを依頼するには無料で車の一括査定を行えるサイトを使うと良いのですが、このときに妙に高く見積もってくるところはもしかすると詐欺に遭う可能性もありますから十分注意する必要があります。

    中古車買取業者に車の査定を頼むと、たいていの業者は無償でしてくれます。

    けれども買い替えでディーラーによる下取りが行われる場合には、ちゃっかり査定費用が盛り込まれていることがあります。

    下取りの査定費用は下取価格から引くので、出費に気づかない人もいるようです。

    業者の無料査定を経験した人ほど費用面のことは失念しやすいですから、下取り査定に取りかかる前に、手数料等の有無を念のために確認するようにしてください。

    無償ではないことがわかれば、交渉によって下取額の増額や手数料の無償化も期待できるからです。

    一般的に年度末で決算でもある3月や真夏の酷暑が終わるとまだボーナスの影響が残る9月は車を売る方にとっては非常にありがたい時期です。

    どこの販売店でもそうですが、期間中になるべく多く売るには、仕入れも多くなければいけないと考えています。

    つまり多少高くても仕入れる(買い取る)覚悟があるわけです。

    特に急いで車を処分する理由がないなら、狙い目なのがこのシーズンでしょう。

    また査定額は、決算期が終わった4月というのは全般に下がり気味になります。

    売却したい車で店舗に乗り付けてその場で実車査定を受けるなら、繁忙期などは待たされることはあるかもしれませんが、予約は要りません。

    但し、持ち込んだ一社にしか査定してもらえませんから、他社の査定と比較することができないために相場に無知なままで売却することになります。

    結果的に市場価値より安値で売買契約を結んでしまう危険性もあります。

    複数の会社に訪問査定を依頼した方がより高い額で売却することができます。

    全部というわけではありませんが、車を売ったお金には税金がかかることがあります。

    所有者が個人だった自動車であり、通勤に専用に使っていた車であれば所得税の対象外となります。

    車の使用目的がレジャー等にまで広がってくると、今度は所得税を払わなければならない可能性が出てくるのです。

    車を売却した金額の方が、購入した金額よりも50万円以上高くなったときには所得税の課税対象です。

    個人が仕事でも使っているような場合には、別に決まりがあるので、良く分からないところがあったら確定申告をする際に税理士などに質問して後からトラブルにならないようにすべきでしょう。

    車に関する税金の話をしましょう。

    自動車税というものは、毎年4月1日の時点でその車を所有している人に1年分が請求されます。

    でも、車を売却する際には、支払った税金の残り月数分の金額が査定に上乗せされますから、損したと思うようなことはないのです。

    但し、自動車税ではなく自動車重量税については、廃車にする場合を除くと還付されると言うことはないのです。

    還付制度がないと言っても、税金支払いの期間が残っている場合、その金額を上乗せして見積もってくれる場合もなきにしもあらずです。

    自動車重量税に関しては買取業者と直接交渉してみると良いですね。

    近頃市場に出回っている自動車は標準装備でのカーナビゲーションシステムが多くなりました。

    カーナビが標準装備になったことで、カーナビが付いていてもさほど査定額に影響を及ぼさなくなりました。

    例外的に、後付けで高価なカーナビゲーションシステムを導入しているときには評価してくれる可能性が高くなります。

    すぐに取り外せるタイプのカーナビならば、査定や下取りに出す前に取り外しておいてカーナビだけでオークションなどで売ったほうが利益が出る場合もあるでしょう。