トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。

    中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。
    そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。

    いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。







    もちろん大部分は良心的ですが、稀にしか見られない事でしょうが、中古車買取店舗の中には悪質なものも存在しています。

    手口の例としては、見積もりを申し込む時に、査定した後に直ぐ車を持ちだしてもOKならば価格を上げましょうなどとうまいことを言われて、売却希望の車をなるべく早く引き取りできるように希望されて、その車を明け渡した後で料金を支払わずに、その会社の連絡先がなくなっているという手口の詐欺も横行しています。

    一般的に行う契約手続きを踏もうとしないで妙に早く車の明け渡しを迫る会社には注意が必要ですね。

    その程度も関係してくるので一般論ですが、煙草の臭いが車内からするときには買取の見積もりをする際にマイナスになります。

    過去に喫煙したであろう車は、タバコを吸わないユーザーには絶対的に売れないからです。

    車の中に残っているタバコの臭いの原因は、内装のどこかに付着しているヤニ汚れですね。

    買取査定に持って行く前に車内を念入りに掃除することで、かなりの部分でタバコ臭を軽減できるはずです。

    中古車の査定を雨の日や夕方以降にお願いすると、ちょっぴり高値で見積もってもらえるという説が世の中にはあるようです。

    夕方からは暗くなって視界が悪くなりますし、雨や雪などが降っていればそれが邪魔になってキズや汚れなどがあっても分かりづらくなるということから夜などに査定を依頼した方が良いと言われているようです。

    でも、視界が良くないからと言う理由で高く査定をするほど担当者も甘くはないのです。

    甘めの査定をすると言うよりも、万一本当に気付かなかったときのことを考えて、普段よりも幾分低い査定をされてしまう可能性だってあるのですよ。

    いまどきの買取業者の多くは夕方であろうと夜であろうと構わず、査定依頼に対応してくれます。

    車のボディの傷や小さなへこみなどは、昼に比べて夜間は目立たないですから、マイナス対象が減って査定額が高くなるなどといった説があります。

    ただ、質の高いLED照明などが普及した現在では眉唾な話です。

    夜間は屋内照明があっても自然光には及びませんし、天気の悪い日には見にくいというのは事実ですから、不慣れな査定士だと多少の見落としはないとは言えません。

    ただ、それはあくまでも可能性の話です。

    その一方で、磨き上げられてピカピカの車体は昼間の自然光でこそ美しさが際立ちます。

    ですから、査定は総合評価ですから、天候云々では期待するほど査定額に違いはないでしょう。

    曇天の日や雨が降っているときなどは、車のキズなどのアラ隠しになって減点されにくいと言われています。

    ただ、買取業者もそれは承知なので、拡散タイプや高輝度のポケットライトなどを使い分け、しっかりチェックされてしまいます。

    それに掃除が行き届いている車というのは天気の良い日にはその美しさが際立ちます。

    査定士にしたら天気の差などは微々たるものですし、違いがあるとしても一長一短ですから、査定日の天気で一喜一憂するのは現在では意味のないことのようです。

    普段使っている車を売る際は、一時的に(次の車が納車されるまで)車が使えない期間が生じるおそれがあります。

    なければないなりに過ごせる人はいいのですが、車がないと困る人はやはり代車手配ということになるでしょう。

    実際、代車の手配はどこの買取り業者でもしてくれるわけではないので注意が必要です。

    車がないなんて考えられないという人なら、一括査定を申し込む時に代車を条件に上げ、業者に確認しておきましょう。

    売却予定の車の現物査定は、直接その車に乗って買取店に行って見てもらうか、査定士に自宅まで出張してもらうという手もあります。

    周囲には車の査定が来ていることが一目瞭然ですが、それさえ我慢できれば高額査定になりやすいという点で出張査定は売主側にとってはベターと言えます。

    ひとつの店に持ち込むのと違って同時に複数の業者から査定を受けることができるので、同業他社と査定額を争うことになり、普通に売るよりも高い値段で買い取ってもらえるからです。

    自動車を実際に売るときには複数の書類の提出が求められます。

    しかしながら、自動車関連の書類をなくさずにひとところにまとめていて、なおかつ住所の変更や姓の変更がないのであれば、新規に取得しなければいけないのは印鑑証明書だけです。

    印鑑証明書は所有する車を手放す際だけでなくて車を購入する際にも必要になってくるので、2枚同時に取ってくると手間が省けて賢いですね。

    発行した日から3ヶ月間は印鑑証明は有効です。

    車を売ることを思い立ったらすぐに取りに行くようにすれば、契約手続きの際にスムーズに事が運ぶでしょう。

    最近売られている自動車はオプションでなくて最初からカーナビが装備されているものが大部分です。

    カーナビが標準装備になったことで、カーナビが付いていてもそれ程プラス評価が付くことはなくなったのです。

    例外として、後から高額なカーナビシステムを装備した場合に限っては査定額アップが期待できる可能性が高くなるでしょう。

    高額なカーナビシステムを取り外すのが簡単ならば、査定や下取りに出す前に取り外しておいて別にカーナビだけオークションで売るという選択肢もありますね。