トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。

    中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。
    そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。

    いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。







    なるべく手持ちの車を高く売ろうとして中古車の買取専門店と金額交渉の際に肝心なのは、自分から安易に希望の査定額を言わないことです。

    交渉前に査定相場をチェックしているのなら構いませんが、そうでないのならば相場よりも低めの価格を希望金額として提示してしまう可能性が高くなるので、このケースの場合は勿体ないです。

    見積金額について買取会社と価格交渉をするつもりならば、しっかりと事前に情報を得ておく必要があるでしょう。

    WEB上で確認できる車の査定額は、どうしても簡易的な方法で導き出された査定金額です。

    同じ車種の同じようなグレードでもその車ごとに状態は違って当然ですから、具体的な実際の査定金額は車を目で見て確認しないと算定することは不可能です。

    そういうわけで、ネットで前もって調べた通りの査定額が実際の売却時に提示されるとは限らないので、自分で覚えておく必要があるでしょう。

    査定のために自分の足で買取業者まで行く時間がないときなどは、ほとんどの会社では、業者が自宅などに出向いてくれる出張査定があります。

    自動車査定スタッフが実際の車の在る場所まで出向いて査定をしてくれて、結果を導き出す方法です。

    このような査定の方法は、同じ時刻に何社かの査定スタッフに出向いてもらうのも自由です。

    多くの業者から同時に査定してもらえば時間短縮の利点もありますし、同時に呼ばれた査定士間で査定金額の価格競争が起こるのでこれらの結果として見積額が高く提示される可能性が期待できるのです。

    中古車買取業者に少しでも高い値段で買ってほしいのであれば、見積もりをとる業者はかならず複数であることが必須事項です。

    けれども貴重な休日をつぶしてまで複数の買取店を尋ねて回るというのは現実的ではありません。

    そんなときに中古車一括査定サイトが役立ってくれるのです。

    買取業者の公式サイトからだとその会社しか申し込めませんが、一括サイトなら一度に複数の会社に見積もり依頼できるので、同じ作業を人力でやることを考えると雲泥の差です。

    唯一の欠点は複数の会社から電話が来ることです。

    チェックを入れた会社から我先にと営業電話がかかってくるため、あらかじめ何社かに絞って依頼したほうが良いでしょう。

    正式な価格を出すために訪問査定を依頼すると、来る業者は皆一様に契約を急ぐはずです。

    いま決めてもらえたら金額を上乗せするといった熱烈な口上は、すべて営業手法ですから、それが普通なので即決はしないほうがいいです。

    中古車売却時には複数の会社から見積もりをとって競合させるのが好条件で買い取ってもらうための基本です。

    心が動くかもしれませんが、まずは多くの見積額を手にすることを優先的に考え、材料が手元にそろってから話し合いに持ち込む方が絶対にトクです。

    どんなに努力したところで、査定の専門家から見れば車の修理歴、ましてや事故歴などは隠しきれるものではないです。

    虚偽申告は業者を騙すのと同じことで、そうなると価格交渉どころではありません。

    そして査定で申告対象となるような車の状態を隠蔽するのは法律的には告知義務違反となり、内容次第では減額や返還請求といったペナルティが課されることになります。

    実際、契約書の中にも告知義務違反に関する項目は必ずあるはずです。

    中古自走車を売却する際には、手続きに必要となる書類の中に車庫証明は入っていません。

    でも、新しく購入した車に関しては、きちんと自動車を保管する場所を届け出る車庫証明書が必要になってきます。

    車庫証明に関して言えば、購入店側で代行してくれる場合が多いでしょうが、個人で車庫証明を取得することも可能です。

    ちょっと手間はかかりますが販売店側に手数料を支払わなくても構わないので、トライするのも結構ですね。

    個人で手続きする際には、以前乗っていた車の行く先を説明する必要があるため、手続きに行く際には売買契約書を忘れずに持参して下さい。

    中古車査定をするうえで、ボディーに目立つ傷や凹みなどがあるときには減点されます。

    目立つ傷や凹みがあったとしても、素人が自己判断で勝手に直すことは止めた方が良いでしょう。

    自動車修理のスキルが高くなければ、パッと見た際にはキレイに見えたとしても修理箇所を専門家が見たらそれ程きちんと直っていない場合も多いのです。

    しかしながら、売却前に修理を通した方が良いわけではありませんから気をつけてください。

    プロの腕で修理した費用分以上に見積額が高くなるとは考えられず、最終的には損をする結果になってしまうのが明白だからです。

    自動車のオーナーというものは、使用していなくても維持費がかかってきます。

    車検代は二年に一度、自動車税は毎年かかりますし、さらには自動車保険代金も必要ですね。

    もっというと、駐車スペースが自分の敷地に確保できない場合には、別に駐車場代金も必要になってくるのです。

    自分が持っている車を手放そうかどうしようか悩んでいる場合には、多額の維持費を支払ってでも車を所有する必要性があるのかどうか充分に検討してみれば、売却するべきかどうかに白黒つけやすいのではないでしょうか。