トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。

    中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。
    そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。

    いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。







    オンラインで自分の車の価値を査定することができますが、それは、どうしても簡易的な方法で導き出された査定金額です。

    同様の車種や年式でも車ごとにその状態はまちまちですから、具体的な実際の査定金額は車を目で見て確認しないと算定することは不可能です。

    このようなわけで、ウェブ上で示された相場と同じ金額が実際の売却時に提示されるとは限らないので、この点を事前に覚えておきましょう。

    中古車を査定してもらう時には、車体の色も大きく関係してきます。

    黒や白の定番カラーは常時需要が安定しているために、査定に良い印象を与えるケースが大半でしょう。

    定番色とは逆の原色に近い赤などのボディーカラーは、人によって好みが分かれてしまうので、定番カラーよりも査定額がマイナスされる傾向が強いと言えるでしょう。

    そうは言っても、車の査定金額はオークション相場のタイミングによりアップダウンするため、流行次第である特定の車体色に幾らか査定金額が高く付くこともあるでしょう。

    なるべく多くの中古車買取業者に査定をしてもらってから売却先の店舗を決めるのが、なるべく高く車を売却する上で注意することのひとつと言えます。

    複数の業者に同時刻に見積もりに来てもらうよう手配して、査定額を競争させるというのも有益な手段となるでしょう。

    価格競争させるのはマナー違反ではなくて結構良くあることですから、査定スタッフに気兼ねする必要などないのです。

    それから話は変わりますが、いざ契約となった時には取り交わす契約書の全文を熟読することも必要です。

    思い立ったら時間を問わず可能なのが、中古車一括査定サイトからの見積り依頼です。

    一店ずつ回ったら相当な手間になる複数業者の査定額を1度の手間で入手できるので、高値で売却しやすい点が好評です。

    とはいえ短所もないとは言い切れません。

    時間があったので深夜に査定サイトに登録したら、24時間対応の業者などから深夜に営業電話が殺到することがあるからです。

    勤務中にかかってくるのも困りものですし、連絡先の選択は注意するポイントです。

    下取りではなく中古車買取業者に車を売却する際は、一括査定サイトに見積りを申し込むと、登録している会社からどんどん電話がくるはずです。

    見積り金額には幅があるから、現状確認をするために「すぐにでも伺いたい」「訪問の時間を決めたい」と、先着順と言わんばかりの勢いです。

    状況を説明しても執拗に何回も電話攻勢をしかけてくる担当者もいるみたいですから、目に余る場合は嘘でも良いので「申し訳ないが他店に売却済みです」と言うのが効くみたいです。

    さもなければ電話連絡以外の選択肢(メールなど)のある一括査定サービスを利用するのも手です。

    サギ紛いの不当な契約を結ばないよう、中古車業者に車を売る時にこちらが気をつけるべきポイントというのがあります。

    ずばり、「契約書の熟読」、ただそれだけです。

    細かい文字まで読まないという人も多いですが、契約書というものは判を押した時点で効力が生じますし、了解したものという扱いになります。

    契約書はあらかじめ合意に達した内容通りに作成されているのか、そして金銭面での記載については納得がいくまできちんと読むことが大切です。

    大まかな文章だけでなく細かい補足条件なども目を通してから必要であれば質問して、納得してから契約に進みましょう。

    乗り換えで新しい車を買う際に、これまで乗っていた車はディーラーに下取りに出す人は多いのではないでしょうか。

    買ったところで売るのですから、いちいち買取業者に売りにいくのと比較すると時間も労力もかなり減らすことができます。

    そのかわり、金額的に考えるとディーラー下取りと業者買取りなら、下取り価格は業者買取価格より安くなるという事実があることは忘れてはいけません。

    安い値段で下取りされると後悔が残りますし、高く売るつもりならやはり買取業者に勝るものはありません。

    充分な心構えを持っていたとしても、予測しないトラブルに遭遇してしまうことがあるのです。

    愛車の売却時に散見される事案として、契約成立後になってはじめて問題に気付きましたといわれて実際の買取金額を下げると通達される場合があるのです。

    後から問題点に気付いたと言われた場合、事故歴の隠蔽などがあったのならば悪いのは売り手側です。

    しかし、自分が何も悪くないときには、見積もりを出すときにきちんと確認しなかった方が悪いのですから、自ら承服する必要はないと言えます。

    愛車を売却したときにその場でお金を持って帰りたいときには、即金でも対応可能な買取店をあたると良いでしょう。

    大きな声で即金対応できますと言っていないところでも、売却金を即金でもらいたいと相談すれば実現する場合もあるでしょう。

    そうは言っても、その場で現金を持ち帰りたいという時には、より高い見積金額は提示されなくなる可能性が高いことを覚えておいて下さい。

    即金対応にこだわるのかちょっとでも高く売却したいのか、どちらの方が自分の考えに近いのかよく考え、幾らかでも高く査定してもらいたいならば即金対応にばかり固執するのは損することになりますね。