トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。しかも、全国対応で利用は無料。「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。







    自分が持っている車を売ろうとして査定に出したときに、ゼロ円査定になってしまうこともあるでしょう。

    売却予定の車が走行距離10万km以上だと過走行と呼ばれる状態で査定が0円だったり、かなりの大事故で大きく修理した履歴の残ったケースなどは買い取り金額がつかない可能性が出てくるのです。

    幾つかの中古車販売店で査定をお願いしても同様に査定額がつかないケースでも、一般的な買い取りではなくて廃車専門の買取業者へ買い取り依頼することもできますから、買い取ってもらうことを断念する事はないのですよ。

    なるべく丁寧に乗車していても付いてしまうほんの少しのへこみや薄い傷などは、買取査定時にマイナスされない場合が大半ですし、あまり気にすることはありません。

    反対に、爪がかかるくらいのキズやしっかりと目で分かるへこみ、それから塗装がはげていたりすれば査定時に減額されますが、査定時に減点されるのが回避するために自分で直しても自分で直した費用に見合う金額が上乗せされることはないのです。

    一般的に、買取専門店などに車を売った際に査定書は出してもらえず、望んでもくれない場合が大半です。

    資産証明(自己破産申告や遺産相続などで必要)をする場合などで車の査定金額が明記された証明書が入り用になったときには、日本自動車査定協会(頭文字をとってJAAIとも呼ばれます)に中古車の査定を申し込まなければなりません。

    協会の事業所は日本国内に全部で50ヶ所以上あり、査定してもらうには料金が必要です。

    また注意したいのが、あらかじめ予約制となっていることです。

    トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キロ数は、だいたい1万キロというのが相場です。

    総走行距離数が5万キロを超えたところで走行距離が長い多走行車と言われるようになり、5万を境にどんどん査定は減点されていき、過走行車といって走行距離が10万キロ以上の車は査定額は限りなくゼロに近づいてしまいます。

    それなら走行距離が短いほどよいのかというと、そうとは言えません。

    マシンの状態を正常に保つにはある程度の駆動が必要で、年式に比して走行距離が極めて少なかったりすると、逆に駆動部分が極端にへたっていたり、状態が悪化している場合があり、あまり歓迎されません。

    車の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車は中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。

    5万km超は多走行車といわれるあたりが減点対象ですが、さらにその上をいく過走行車は走行キロ数10万以上で、ほとんどの業者はゼロ円を提示してくるでしょう。

    けれどもそれで諦めろといったわけではなく、まだ道は残されています。

    過走行や多走行の車を専門とする業者に依頼すると、パーツや部品ごとに細分化して見積りを行い、相応の値段をつけて引き取ってくれます。

    車を売却する一括査定サイトがあるように、ウェブから自動車保険の一括見積りを依頼できるサイトもあります。

    普通の生命保険とは異なり車の保険というのはいわゆる掛け捨てタイプの保険であるため、掛金が同等レベルだったらサービスが充実しているところに乗り換えたほうが加入者にはメリットがあるのです。

    自動車保険一括見積りサイトの運営費は協賛各社から出ているため、無料で利用でき、たった一度の入力で複数の保険会社の掛金や保障内容を把握することができるので比較も容易です。

    自分の車を買取会社に買い取ってもらうのと、ディーラーに下取りしてもらうののどちらが良いかは、何を一番に考えるかで変わってきます。

    第一希望が簡単な方でというならば、ディーラーに下取りに出す方が簡単です。

    中古車の売却と新規で購入することが同時にできてしまうので、なにより簡単です。

    時間や手間を惜しむのではなくて、少しでも高価に中古車を買い取ってもらいたいのならばディーラーよりも中古車買取業者にお願いする方がベストな選択です。

    一社で納得せずに、多くの買取業者に査定を依頼する事で、一円でも高く買い取ってもらいたいという要求を叶えることができるようになります。

    自動車を実際に売るときには複数の書類の提出が求められます。

    しかしながら、自動車関連の書類をなくさずにひとところにまとめていて、なおかつ住所の変更や姓の変更がないのであれば、印鑑証明書だけ新しく取得すればOKです。

    それから、印鑑証明は所有する自動車を売却する時だけではなく自動車を買うときにも提出が求められますから、一度に2枚まとめて取っておくと賢いでしょう。

    印鑑証明書は取得した日から3ヶ月間は有効です。

    車を売ることを思い立ったらすぐに取りに行くようにすれば、契約手続きの際にスムーズに事が運ぶでしょう。

    日常的に乗っている人がいなくなって、放置されて車検切れになっている自動車でも売ることは可能です。

    そうは言っても、車検が切れた自動車は公道を走らせてはいけない決まりがありますから、現地にスタッフに来てもらう出張査定をお願いしなくてはいけません。

    車検が切れた状態の車でも買い取りしてくれる会社ならば、無料で車を取りに来てくれる店舗がほとんどだと言って良いでしょう。

    補足すると、査定に出す前に車検を通すことはあまり意味がないので止めた方が無難です。

    あらかじめ車検を通すのにかかった費用の方がほぼ確実に高く付き、その割には査定金額にあまり反映されないからです。