トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。しかも、全国対応で利用は無料。「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。







    以前事故や故障を起こして修理などをしたことがある車というのは、嘘をついて査定に出したとしても査定士には瞬時にそれと分かってしまいます。

    事故や故障での損傷が軽く、適切な処理が施されているならば修理車とはならないケースもあるので、隠さずに素直に申告した方が良いでしょう。

    事故歴などが要因になって、もしも多くの店舗で同じように0円査定と言われてしまったときには、事故や故障車に特化した買取業者で見積もりを出してもらうと良い結果が生まれるかもしれません。

    ボディーカラーは中古車買取査定において結構重要な項目です。

    定番色のホワイトやブラックはいつでも安定した人気を誇っているので、多少高めに見積もって貰える場合がほとんどです。

    定番色とは反対に原色系の赤や黄色、青などのボディカラーの場合は好き嫌いがありますので、定番カラーよりも見積額をダウンさせられてしまう場合もあります。

    原色系はマイナス査定されやすいと言っても、査定価格はその時点でのオークションの相場によりけりなので、人気のある特定のボディーカラーにプラスの見積もりがなされる可能性があるのです。

    なるべく多くの中古車買取業者に査定をしてもらってから売却先の店舗を決めるのが、高く車を売却するコツです。

    同じ時刻に何社かの査定士に見てもらって、価格競争をさせるというのも自分にとって有利になる手段です。

    何か後ろめたく思う人もいるかもしれませんが、結構あることですので、査定スタッフに気兼ねする必要などないのです。

    話は変わって、契約の時には契約書の内容はしっかりと全文確認することが重要になってきます。

    ウェブの中古車売却見積りサービスを使うと、各社一斉に電話がかかってきた経験はないでしょうか。

    確実な買取額は実物の状態次第で決まるので、家にお伺いしたいという電話です。

    何度もしつこく電話を入れてくる営業マンもいないわけではないので、断るのが大変なら既によそで売却済みと言ってしまうのが賢い方法です。

    もしくは初めから連絡はメールだけの査定サイトもありますから、面倒を避けるためにそうしたところを利用するのも良いでしょう。

    総走行距離が10万kmを超えてしまった車は、俗に「過走行車」と言われます。

    査定サイトなどを使って売ろうとしても値がつかないで、実質引取りのみなんてことも珍しくありません。

    また、事故車も値段がつきにくいと考えて良いでしょう。

    そんな時は最初から普通の買取業者ではなく、走行距離数の多い車を専門に扱う業者や事故車を取り扱っている買取業者に相談したほうが値がつきやすいです。

    でなければ下取りを考えるのもありでしょう。

    それならディーラーもそこは商売のしどころですから、買取りよりは高値をつけてくれるかもしれません。

    こちらに非のない状態でぶつけられたりして、シャーシが歪んでしまった場合は修理も大掛かりになりますが、当時は大丈夫でも下取りや中古車買取を依頼する際、事故車ですから事故歴がない車と比べて査定額が極端に下がることも予想されます。

    では、その損失分を事故の相手方に払ってもらえるのかというと、まさにケースバイケースで、どのような判定になるかはわかりません。

    個人間で調整したとしても保険会社としてはそこまで支払い対象にすることはまずありません。

    やむをえず訴訟に踏み切ることも視野に入れた上で弁護士事務所などと話し合ったほうがいいかもしれません。

    通常は自動車を売ると言ったら中古車買取店に査定に出すでしょうが、対個人で売却する方法もありますね。

    中間業者が介在しない分だけ、売却する側はなるべく高く、購入する側はなるべく安く売買契約を結ぶことが可能になります。

    しかしながら、契約書などの手続きを全て個人で行うことになるので大変煩雑ですし、金銭関係でトラブルになるかも知れない可能性が高まります。

    お金に関しては、なるべく一括払いで払ってもらうようにすると後々トラブルに発展する可能性が低くなります。

    何かしらの理由で所有する自動車を査定してもらいたい時には車検証だけあれば良いのですが、実際に売ろうとするときには幾つか書類を用意する必要があるのです。

    普通自動車を売却するときには車検証のほかに納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券、印鑑証明書、実印を準備しなければいけません。

    これらの書類中、納税証明書がなくなっていることに気が付いたら、軽自動車と普通自動車では納税証明書の再発行を依頼するところは違うことを覚えておきましょう。

    売ろうとしている車が普通自動車だったら都道府県の税事務所ですし、軽自動車の場合には市役所などがその窓口になります。

    中古車の売却をするうえで、車検の残り期間が沢山ある場合には、見積もりの際に金額がアップすることが多いです。

    でも車検の有効期限が1年を切ってくるとあまり査定額アップに繋がらず、残り期間が数ヶ月しかなくなってしまうともはやプラス査定の材料にはならなくなります。

    しかし、中古車査定額を高くしたいがゆえに車を手放す直前に車検を通しておく必要性は低いのです。

    二年近く車検の有効期間が残っていたとしても、車検にかかる総費用分以上に査定金額の上乗せはないからです。