トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。

    中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。
    そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。

    いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。







    できれば車の査定を申し込むなら夜間や雨が降っている日の方が良いという人もおり、幾らか見積もりが高くなると言う説が世の中にはあるようです。

    夕方からは暗くなって視界が悪くなりますし、雨や雪などが降っていればそれが邪魔になって査定する車の汚れやキズなどのマイナス要因が判別しにくくなるというのが夜間などに査定依頼すべきだとの根拠になっています。

    しかしながら、そういったことで高く見積もりをするほど甘い査定をする店舗があるわけはないのです。

    それより逆に、本当に見落としてしまったときの場合に備えて、晴れた日中に査定する場合よりも少々査定額を抑えられてしまうこともあるでしょう。

    中古車の売却を考えたならば、先ずした方がベストなことと言えば、その車の現時点での相場の概算を知っておくことですね。

    現時点での相場の価格を知っていればとても安い値段で取り引きさせられるリスクを回避することが可能ですし、相場の金額よりも高値を付けてくれた店舗にその場で契約を決めてしまうことも出来てしまうのですね。

    Webで簡単に多くの店舗に車の一括査定をしてもらえるサイトがありますから、このようなホームページで相場の値段を知ることはとても簡単です。

    オンラインで簡単に申し込める中古車の無料一括査定サイトを利用すると、売却予定の車の査定相場の概算を知ることができますから利用価値が高いです。

    スマートフォンなどからでも利用可能ですので、休み時間や電車などの移動中などちょっとした空き時間で有益な情報が得られます。

    でも、気を付けるべき項目として、見積もりを出したたくさんの業者から電話連絡が機を同じくしてたくさんかかってくるので、このような電話攻勢が気になるのならば、メールのみで連絡可能なサイトを利用すると良いでしょう。

    中古車を売却した場合、業者からの入金は正式に売買契約をしてから早くて数日、遅くて1週間といったところです。

    訪問査定当日に契約を約束したところで、実印がなかったり必要書類が不足していれば契約は不可能です。

    できるだけ早めに振り込んでほしい場合は、業者による査定の前に、手元の書類を整理し、普通乗用車なら印鑑証明もとっておくとスムースです。

    必要な書類は軽自動車と普通乗用車の場合とで異なりますから、注意してください。

    また、住所や姓などの個人情報が変わっている人も別途書類が必要になります。

    中古車業者に車を売る際は、トラブル防止のためにこちらが気をつけるべきポイントというのがあります。

    当たり前ですが、契約書にしっかり目を通すことです。

    契約書というのはあとになって「よく読んでいなかった」と言っても、サイン(押印)した時点で効力を発揮します。

    事前説明と異なる契約内容になっていないかなど金銭面での記載についてはよく読んで理解しておく必要があります。

    細かいところまで読んでから契約するのが本来あるべき姿なのです。

    車を売りたいので価値が知りたいという人は多いでしょう。

    その際、プロの査定を受けるやり方は簡単に分けると2種類です。

    比較的なじみ深いのは、自動車の購入と処分を同じディーラーで行ういわゆる「下取り査定」です。

    簡単ですし代車を手配する必要もないという気楽さが魅力ですが、中古車の買取りを専門に行っている業者と比べると、低い買取り価格になるようです。

    そして2つ目は一括見積りサイトなどを使って複数の買取業者に査定を依頼するやり方です。

    複数の会社が競いあうことになり、買取価格がディーラーより上がるのが普通です。

    実際の査定に出して提示された最終的な買取金額は、永遠に有効なわけではありません。

    中古車の価格の相場というものは常に変動が激しいですから、最終的な査定金額にはある程度の期間保証を付けて提示しているところが多いです。

    車の査定額を見せられたときに即決できないときは提示された査定額の有効期限がいつまでなのかしっかりと確認しておかなければいけません。

    保証期間に関しては交渉次第と言う部分もあるのですが、保証期間はさほど長くはできないのが一般的ですから無理は押しつけないようにしましょう。

    自己所有の中古自動車を査定に出す際には、傷などが大きく目立つと見積もり時に減額対象となってしまうでしょう。

    このような場合、自分の判断で修理するのはあまり勧められませんね。

    自動車修理の技術が優れていなければ、一見するとキレイになっていても専門家の目で見るとそれ程綺麗に修理されていないケースもあるのです。

    でも、見積もりに出す前に車の修理を依頼する方が良いという事ではないのであらかじめ知っておくと良いでしょう。

    きちんと修繕するために使った金額以上に査定額がプラスされることはなく、修理に出す手間がかかる上に割に合わない結果となってしまうからです。

    自動車を売ろうとする際に、業者に売るのではなくて、個人同士で売り買いするというケースもあります。

    売却側と購入側に中間業者が介入しない分だけ、売却側と購入側双方が得するように売買可能になるのです。

    そうは言っても、契約の全てを個人同士がすることになりますから非常に手間がかかりますし、お金に関するいざこざが起きやすくなるのは否めません。

    お金に関することは、できるだけ分割での支払いをしないようにするといざこざに発展する可能性が低くなるでしょう。