トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。

    中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。
    そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。

    いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。







    今持っている売却予定の車にこの程度の価格では売れないと思うような査定を店舗側から提示された場合、もちろん何が何でも売らなければならないわけではないので、売却の取りやめをしてもOKです。

    中古車見積もりを依頼したとしても、実際に絶対に売却すべきであるという決まりは何処にもありません。

    はじめの段階の査定金額ではうなずけないと伝えるとそのときから、もっと値段を上げてもらえる可能性が高まるかもしれませんし、ほかの店舗に行けば今よりもずっと高い見積もりを出してくれるかもしれません。

    自分が納得できない金額を表示されたら「嫌だ」といっても良いのです。

    できるだけ多くの買取業者に見積もりを依頼してから売却先の業者を決定するのが、なるべく高く車を売却する上で注意することのひとつと言えます。

    複数の業者に同時刻に見積もりに来てもらうよう手配して、皆で価格競争をするように仕向けるのも自分にとってかなり有利にはたらきますね。

    何か後ろめたく思う人もいるかもしれませんが、結構あることですので、何も心配するようなことはないのです。

    それと、実際に契約する段階になった時には取り引きの際の契約書の中味はきちんと読み込む事が大切ですね。

    車を買取店に持って行って査定してもらった時に、査定額が付かないと言われることがあります。

    一般的に、過走行(走行距離10万キロメートル越え)の車だったり、事故の状態が大きくて修理の後も大きい場合などは買い取り金額がつかない可能性が出てくるのです。

    複数の買取業者で見積もりを出してもらってもどの業者でも査定金額が出ない場合でも、廃車にすることを前提として買い取る業者に引き取ってもらう方法もあるので、買い取ってもらうことを断念する事はないのですよ。

    お子さんがいてチャイルドシートを使用している場合、その車を処分しようと思ったら、実車査定前に撤去しておきましょう。

    チャイルドシート類はどこの業者の査定でも無関係なのが普通だからです。

    ただ、チャイルドシートというのは需要が高いため、ひと手間かけて外して単体で売ると値段がつかないということはありませんし、特に人気の高いブランド商品なら思いがけず高値で処分できる場合もあります。

    いままで乗っていた車を売却すると、新車納入の日までに間が空くことも考えられます。

    電車やバスなどで凌げれば構わないかもしれませんが、車がないと困る人は一時的でも代車の手配をお願いしなければいけません。

    ただ、代車の手配というのはどこの中古車屋でもしてくれるわけではないので注意が必要です。

    あとになって慌てないよう、代車手配の有無については査定を申し込む前に会社ごとに聞いておくと良いでしょう。

    誰でも愛車は高く売りたいものです。

    業者から競合見積もりを出してもらいたければ、中古車査定一括サイトを使えば、かなりの時間と労力が省けます。

    最近はスマホでのサイト利用も可能ですから、外出先で友達と相談しながら、あるいは自宅でのんびりしながらマイペースで査定依頼できます。

    簡易査定の数字が出たら、高値の業者からいくつか選んで話をつけていきます。

    中には常識はずれな営業電話をかけてくる業者がいるようですが、あなたがそこに売ると決めたのでない限り、きっぱり断りましょう。

    自動車を査定や見積もりに出す場合に要るものは車検証のみですが、実際に売ろうとするときには幾つか書類を用意する必要があるのです。

    普通自動車を売却するときには車検証のほかに自賠責保険証や納税証明書やリサイクル券、ほかにも印鑑証明や実印を準備しなければいけません。

    万が一納税証明書を紛失してしまった時には、売却する車が軽か普通自動車かで再発行をお願いするところが違ってきます。

    普通自動車に関しては県などの税事務所で再発行してくれますし、軽自動車の場合には役所の窓口に行って再発行を依頼するようにしましょう。

    もう完璧に動かすことができなくなった不動車でも、買取りしてもらうのをハナから諦めてしまう必要性はないでしょう。

    不動車にもいくらか値段がつくことがあるのです。

    本体で考えるのではなくて部分で見ればこれからも新品同様に使えるパーツがあるかも知れませんし、パーツごとに値段をつけて見積もってくれる買取業者は存在するのです。

    しかし、一般のお店では買取を断られるケースもありますから、前もって調べて不動車を取り扱っている業者に依頼して見積もりを出してもらうと良いでしょう。

    自分で自動車を持っていると、使用しているいないに関わらず維持費用はかかるのです。

    自動車税は毎年かかりますし、車検は二年に一度実施しなければいけませんし、さらには自動車保険代金も必要ですね。

    ましてや、駐車スペースがなければ、パーキング代も余計にかかるのです。

    車を売ろうかやめようかと考え中の場合、これらの維持費を払い続けても乗り続けていたいのかじっくり検討してみると、売るべきか乗り続けるかという結論を出しやすいでしょう。