トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。

    中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。
    そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。

    いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。







    ネット上の中古車一括査定サイトなどを使って確認できる査定額は、詳細な査定基準ではなく簡易的に導いた金額になっています。

    自分と全く同じ車種の同じ年式の車だったとしても、一台一台ボディーの状態などは千差万別で当然ですから、具体的な実際の査定金額は中古車を見ながら確認しないことには導き出せません。

    このような事情から、Webで確認した査定相場と同一の金額が絶対に実際の買取現場で提示されるのではありませんから、この点を事前に覚えておきましょう。

    査定のプロである担当者には口からでまかせを言ってもすぐに分かってしまいます。

    修理歴のある車だったり事故を起こしたことがある車なのに、これらが理由で低い見積もりを出されたくなくて嘘はちょっと調べれば直ぐに判別がつきますし、ウソをついてしまったという事実があるとスタッフに「この人は信用出来ない」と思われて当然でしょう。

    結果的に、厳しい見積額を提示される可能性が存分に考えられるので、査定する車の状態については隠し立てしないようにした方が良いですね。

    何社かの買取販売店から査定をしてもらうことを「相見積もり」と呼んでいます。

    これをいつでも可能にしたのが、インターネット上の中古車一括査定サイトです。

    一括査定サイト以外にも相見積もりという言葉を使うことがあり、時を同じくして多くの買取業者に売買予定車を目の前で査定してもらい、皆で一様に査定額を提示してもらうというケースもこれに相当します。

    中には相見積もりをお願いすると断られるところもあるようですが、大部分は相見積もりをOKして貰えることでしょう。

    消費生活センターには例年、何千件もの中古車関連の不満やトラブルの報告があがってきます。

    そして個人から業者への売却に関する事例は増え続け、減ることがありません。

    内容的に多いのは、ネットの一括見積りサイトを通じて査定依頼したら、信じられないほどの電話が集中して迷惑している、無理やり契約を迫られたがこれでは押し売りではないのかといった相談などです。

    泣き寝入りすることのないよう、トラブルに遭ったら、消費生活アドバイザーなどがいる窓口へ相談すると安心ですし、より良い解決策が見つかるはずです。

    10対0で先方に過失があって追突され、外観が大破したり、見た目がそれほどでなくてもシャーシ牽引ともなれば大変です。

    あとになって買取や下取りに出そうにも、事故車ということで値段がつかないこともあります。

    事故の原因となった相手に賠償を要求できれば良いのですが、過去の判例を見ても解釈がいろいろで、可能とも不可能とも言いがたいです。

    それに事故について本人同士で何らかの合意に達したとしても、自動車保険会社からすれば保険金の支払い対象として認めることはほぼないです。

    訴訟の可能性も視野に入れて弁護士事務所に相談する以外、手はありません。

    中古車の買取には実物の査定が不可欠ですが、金額を提示した業者は即決を促すでしょう。

    ここで即決なら買取金額を幾らアップしてもいいなどという熱いトークが始まるのですが、うまくはめられて即決することがないよう注意してください。

    車を売却する際はより多くの買取業者から見積りを集めるのが高額査定を得るためのセオリーだからです。

    心が動くかもしれませんが、まずは多くの見積額を手にすることを優先的に考え、金額の比較ができるようになってから取引の交渉に臨むのは当然のことなのです。

    買取業者に行って自動車を売却する際には、もしも故障している場所があるのならば自動車査定士に告げるようにしてください。

    故障箇所の申告は必要でも、修理することは必要ありません。

    どんな状態かによっても減点される度合いは変化しますが、前もって修理をお願いしてから売りに出すのではむしろ修理をすると損するのです。

    買取成立の後でお店が故障箇所を直すのにかける金額と個人が修理するために出す費用では、個人で修理に出す方が俄然お金がかかります。

    ですから、実際の修理費よりも査定額に反映される金額の方が少なくなってしまうのです。

    自動車が欲しいという人が多い時期は、売る方からみても自動車を高く売るチャンスですね。

    車の需要が高ければその分供給が必要になるのは必須ですから、当然のように買取金額も上昇します。

    9月と3月は会社の決算月なのでその他の時期よりも販売店側は車を売ることに真剣になっているので、見積額の交渉も上手く行くことが多いと言えるでしょう。

    決算月であることに加えて、9月は夏のボーナスが出ている状況で順調な売れ行きを見せることが多いため売り時と言えるでしょう。

    自動車を実際に売るときには複数の書類の提出が求められます。

    そうは言っても、車に関わる書類を紛失したりせずに一箇所にまとめて保管していて、尚且つ苗字や住所などの変更がないのであれば、印鑑証明書だけ新しく取得すればOKです。

    印鑑証明書は所有する車を手放す際だけでなくて車を購入する際にも必要になってくるので、一度に2枚まとめて取っておくと賢いでしょう。

    ちなみに有効期限は印鑑証明書を取得した日から3ヶ月です。

    車を売ることを思い立ったらすぐに取りに行くようにすれば、後々手続きが順調に運ぶことになります。